乾燥肌と食べ物の関係|即効性を感じるために取りたい栄養素

【当サイト限定】うるツヤ女性の「24時間、肌を〇〇〇ない」習慣とは?無料で美容本一冊プレゼント!
⇒キャンペーンを見てみる

乾燥肌対策と聞くと肌の保湿を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、食べ物から摂る栄養素も美肌作りには欠かせないポイントです。
食生活が乱れると栄養不足により肌の新陳代謝が乱れたり、腸内環境が悪化してホルモンバランスが乱れ、乾燥やニキビなどの肌荒れを招く原因になってしまうことも。

今回はそんな、美肌を作る元となる食べ物とお肌の関係についてご紹介します。美容効果のある食材や肌に必要な成分など、ぜひ参考にしてみてくださいね。

乾燥肌 食べ物 即効性

乾燥肌の原因に食べ物は関係しているの?

うるおいのある健やかな肌をキープするためには、肌のバリア機能を正常に保つことが大切です。
肌は食べ物の栄養素からできているため、スキンケアだけでなく、内側からのケアもとても大切。

ここでは乾燥肌と食べ物の関係や、乾燥予防に必要な栄養素についてご紹介します。

乾燥肌と食べ物の関係性

栄養が偏った食事はホルモンバランスの乱れに繋がり、肌のバリア機能を低下させる原因になるため注意が必要。
肌のバリア機能を保つのに必要な栄養であるたんぱく質やミネラルなどの栄養が偏ると、肌のバリア機能が低下し、肌内部の水分を維持しづらいため、食べ物は肌の状態に影響しやすく、乾燥肌につながりやすいと言えます。

乾燥肌の予防には栄養バランスが大切

肌のバリア機能の働きをサポートするためには、様々な栄養素が必要。
特定の食べ物を摂取し続ける食事は栄養のバランスを崩しやすいため、うるおいのある美しい肌を手にいれるためにはバランスの良い食生活を送ることがポイントです。
肌を構成するために必要なたんぱく質やミネラル、ビタミンなどを満遍なく摂取できるよう、栄養バランスに気を配った食事を摂るように心がけましょう。

肌の基本構造やバリア機能について詳しい情報をまとめた記事もご用意しました。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

トライアル書籍用②
乾燥が「老化」の原因に?!読めばわかる、最新美容本1冊プレゼント
⇒キャンペーン特設ページへ

乾燥肌の改善におすすめの栄養素と食べ物

この章では、美容のために必要な栄養素をご紹介します。
健やかな肌を作るためには、さまざまな栄養素を毎日の食事から摂取することが大切。食事の作り方やレシピを工夫するだけで必要な食材を摂取することができる場合もあります。
自分に足りない成分はどれなのか、ぜひ確かめてみてくださいね。

タンパク質

タンパク質は肌、髪、筋肉などを作るもとであり、体の機能を維持する上で欠かせない存在です。
不足すると肌の状態を悪くする一因になるため、普段の食事から積極的に摂取したい栄養素のひとつ。

肉類や魚類、豆類に豊富に含まれているので、鶏肉、牛肉、豚肉、大豆製品(納豆、豆乳)などをバランス良く食べることを心がけると良いでしょう。

ビタミンA

ビタミンAは、肌のターンオーバーのサイクルを整える働きが期待できる栄養素です。
コラーゲンを増やしたり、紫外線から肌を守ってくれたりと美肌にうれしいポイントがたくさんあります。
レバー、うなぎ、緑黄色野菜、卵黄 などに含まれているため意識的に食事に取り入れると良いでしょう。

ビタミンB

ビタミンB郡は、肌荒れを防いでくれると言われている栄養素です。
中でも積極的に取りたいのはB2、B6、B12。
B2は豚レバー、納豆、モロヘイヤなど、B6は鶏むね肉、マグロ、ニンニクなど、B12はアサリ、牡蠣などに多く含まれています。

1日に必要なビタミンB群の摂取量を食品から摂ることが難しい場合は、足りない成分を手軽に摂取する方法としてサプリを利用することもおすすめです。

ビタミンC

ビタミンCは美白以外にも、肌のハリや潤いを保ち、シミやシワをケアする効果が期待できる栄養素です。
柑橘類、イチゴ、キウイ、ブロッコリー、小松菜など野菜や果物に多く含まれているため、食事やデザートなどでバランス良く摂取できると良いでしょう。

ビタミンE

ビタミンEは、抗酸化作用があり、細胞の健康に関わる効果が期待できる栄養素です。
ナッツ類や魚介類に含まれていることが多いため、豆乳、アボカド、イワシ、いくら、アーモンドなどから摂取することができます。

亜鉛

亜鉛は、肌のターオーバーを整えるために必要な栄養素です。
肌のターンオーバーに欠かせない酵素を作る働きがあるほか、不足すると味覚や嗅覚の低下にも繋がるため注意したいところ。
牡蠣やレバー、牛肉、卵、チーズ などに多く含まれるので、意識して食べるようにすると良いでしょう。

食べ物だけで乾燥肌の改善に即効性は期待できる?

肌細胞は食事や飲み物の栄養素の影響を大きく受けます。そのため、毎日の食事は美肌作りに欠かせないポイントです。
ここでは、肌荒れや乾燥肌の原因となる栄養不足を食事で補うには、どんなことに気をつけると良いかについてご説明します。

食事の改善により肌トラブルが整うケース

乾燥肌や肌荒れなどの肌トラブルの原因が偏った食生活だった場合、食事の内容を改善することで効果を実感できるでしょう。

例えば脂質はニキビなど肌荒れの原因となるため避けがちですが、控えすぎると皮脂の分泌に影響し、乾燥肌を引き起こしてしまうため過度に抜くことはNG。
脂質には皮膚の潤いや免疫のために必要な必須脂肪酸という栄養素もあり、この必須脂肪酸は体内では作ることができないため、食事から取り入れることが必要です。

他にも便秘による肌荒れで悩んでいる方は食物繊維が足りていない、ダイエットによる過度な食事制限の影響で、肌への栄養が足りず敏感肌になってしまっているなど、食事と肌はとても密接な関係です。
足りない栄養素や過剰に摂取している栄養素を明確にして食事を改善することで、肌荒れへの即効性を感じる可能性があります。

保湿や生活習慣の改善を同時に行うとさらに効果的

食事の栄養バランスを整えるとともに、肌の保湿や、乾燥予防を行うと乾燥肌の改善に効果的。
保湿ケアによって肌の水分量を保つことが肌改善にとっては重要だからです。

特に乾燥を感じる方は、肌を乾かさないことを意識したケアがおすすめです。
スキンケア後も肌に水分を与え続けられる「乾燥予防処方」のアイテムなら、長時間肌を乾かさずに潤いを保つことができます。

また、生活習慣の乱れは肌のターンオーバーに悪影響を及ぼすため、食生活と合わせて見直しが必要です。
肌のターンオーバーには質の良い睡眠がとても大切なので、時間だけでなく良質な睡眠をとるように心がけると良いでしょう。

肌の保湿や部位別の乾燥予防、美しい肌のための生活習慣についてはこちらの記事にもまとめてあるので、目を通してみてくださいね。

乾燥肌 食べ物 即効性

トライアル書籍用③
【当サイト限定】無料で『乾燥老化を食い止める目からウロコの新習慣』を一冊プレゼント!
⇒キャンペーンを見てみる

乾燥予防の対策は、毎日の食事から

食事とお肌の関係について紹介しましたが、いかがでしたか?
甘いものや油分の多い食べ物は、適量を楽しんで食べるのは良いですが、食べすぎると栄養のバランスが崩れることも。皮脂が過剰に分泌されて肌荒れの原因になるので注意が必要です。

先ほどご紹介した栄養素以外にも、にんじんに多く含まれているカロテン、トマトに含まれるリコピンなども、肌細胞を作る大切な成分の一つです。

最近はコンビニでも一度にたくさんの栄養素を摂取することができるサラダや、スムージーなどの飲み物を購入することができます。
脂質や糖質が多い食事を行なっていた方は食べ物の原料をチェックする、ついついたくさん食べて余計なカロリーや栄養をとってしまう方は食事の前にヨーグルトを食べるなど、材料や食べ方に注意するだけでも、健康的な食生活に近づくことができます。
キレイな肌を作り、キープするために自分に足りない栄養素は何か考えることは、美肌への近道。肌の乾燥を予防しながら、合わせて毎日の食事を見直してみてはいかがでしょうか。

【監修医師】久保田 潤一郎
医学博士 久保田 潤一郎 もっと詳しく
久保田潤一郎クリニック院長 元杏林大学医学部助教授(形成外科学)
日本形成外科学会専門医・日本レーザー医学会永年レーザー専門医

杏林大学医学部卒業。慶應義塾大学病院に勤務し、医学博士号取得。後に、杏林大学医学部助教授(准教授)として診療を行うかたわら、後輩の指導にも熱心にあたる。数々の臨床・研究を重ね、多くの形成外科・美容外科の治療のほか、レーザーや光線療法により様々な皮膚のトラブルに対処し、皮膚レーザー療法を確立。国内外の医学会だけに留まらず、各種講演会でも積極的に講演し、自らの治療・基礎研究を主とした様々な情報や最新情報を広く伝えている。

LINE_campaign_book

タイトルとURLをコピーしました