乾燥肌の人はクレンジングのしすぎに注意!選び方と洗顔のコツ

美しい肌を保つためには、毎日のメイク、皮脂やホコリなどの肌に付いた汚れを落とすことがとても大切。
肌表面の汚れがしっかりと落ちていないとニキビ肌など肌荒れの原因になるほか、スキンケアに含まれている有効成分も肌に浸透していきません。
そのため、肌をキレイな状態にリセットするためのクレンジングや洗顔は、美肌のために欠かせないステップです。
でも、そんな大切なクレンジングも正しく行わないと肌への刺激となり、乾燥や肌荒れを引き起こす元になってしまうことが…。特に肌のバリア機能が低い乾燥肌の方は、注意が必要。

今回はそんな乾燥肌の方のクレンジング、洗顔についてお伝えします。

乾燥肌 クレンジング

クレンジングが原因で乾燥肌になることがあるの?

肌荒れに悩む方の中には、クレンジングが原因であることも少なくありません。
特に肌タイプの見極めと、使い方が大事であること、ご存じですか?脂性肌と敏感肌でスキンケアアイテムを分けるように、クレンジングや洗顔料も自分の肌質に合わせて選ぶことが大切です。

また、クレンジングと聞くとクレンジングオイルを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、クレンジングバームやクレンジングミルク、クレンジングクリームなど様々な種類があり、洗浄力がマイルドなものもあります。
肌に合わないアイテムを使い続けていると、肌を痛め、肌荒れや乾燥を引き起こしてしまうこともあるので要注意。

ここではクレンジングの選び方についてご紹介します。

過度なクレンジングは乾燥肌の一因に

清潔な肌を保つために必要なクレンジングですが、過度なクレンジングは肌の乾燥を防ぐために必要な皮脂まで洗い流してしまうため、肌にダメージを与え、乾燥の原因になることもあります。

乾燥肌なのに皮脂を過剰に落とすクレンジング剤を使用している、などということはありませんか?
自分の肌タイプに対して洗浄力が強いクレンジングアイテムを使っている場合や、洗い流す際に強くこする、熱いお湯ですすぐといったことも肌への刺激となり、乾燥を招く原因になります。
油分を取り去る作用が高いことが多いのがオイルタイプのクレンジング。乾燥が特に気になっている場合は、洗い上がりが穏やかなクリームタイプやミルク、ジェルタイプに変えるだけで、肌表面のなじみがよく、肌への負担が和らぐこともあります。

一方、毛穴の中の皮脂やファンデーション、日焼け止めなどの油性汚れはオイルクレンジングでないと落ちない場合も。
毛穴が大きい、皮脂量が多い肌タイプの方の場合は、クリーム、ミルクタイプでは洗浄が不十分で汚れが残ってしまう恐れがあります。また、バームタイプは硬いので、硬いまま使うと肌表面を痛め、毛穴の汚れには馴染みにくいため注意しましょう。

乾燥肌の原因についてはこちらの記事にもまとめてあるので、ぜひ目を通してみてくださいね。

クレンジングの方法を見直すべきサインは?

クレンジングをした後に、肌のつっぱり感や乾燥を感じたら、洗顔方法やアイテムを見直す必要があります。

まずは洗顔後の肌にひりつき、かゆみはないか確かめてみてください。もし肌に違和感を感じたらすぐに使用をやめましょう。
特に、年齢を重ねたお肌は皮脂の分泌量が減少しているため、肌あれや肌のザラつき、目元のカサカサなどの乾燥を感じやすくなります。
長年ライン使いなどで同じクレンジング剤を使い続けているようなら、一度見直してみましょう。
使い心地がマイルドなジェルタイプやミルクタイプのもの、肌荒れ・敏感肌用、エイジングケア用のアイテムを使用するなど、いまの自分のお肌に合ったケアアイテムを選ぶと安心です。

乾燥肌向けクレンジングアイテムの選び方

クレンジングは洗顔料よりも皮脂を落とす力や洗浄力が高いものが多いため、乾燥肌の方はアイテム選びに注意が必要。
自分の肌の特徴や、テクスチャーや洗い上がりの使用感など、使い心地の良い商品を見つけましょう。

肌への優しさで選ぶ

自分に合うクレンジングを使い、肌への優しさに考慮することが大切です。
洗い上がりのお肌にもうるおいを感じ、肌が引きつった感覚がしないものが、自分の肌質に合ったアイテムです。

ウォータープルーフのマスカラなどを使用していてマイルドな洗い上がりのクレンジングではメイクが落ち切らない場合は、ポイントメイク落としを使用するなどの工夫をしてみましょう。ポイントリムーバーなどは洗浄力が強いため、アルコールフリーのアイテムから試してみるのもよいでしょう。

拭き取り化粧水やクレンジングウォーターなど、手軽な拭き取りタイプのクレンジングも人気がありますが、摩擦による肌ダメージが大きいため乾燥肌の方にはおすすめできません。もし拭き取りタイプのものを使用する際は、リムーバーをコットンにたっぷりと取って、肌が摩擦によるダメージを受けないよう優しくメイクオフするようにしましょう。

すでに肌荒れに悩んでいる方は、香料や着色料、エタノールフリーのクレンジングなど商品のパッケージに書かれている配合成分に注目してクレンジングアイテムを選んでみてください。
界面活性剤や石油系界面活性剤、防腐剤などが含まれていない無添加・無着色で肌への刺激が少ないものの他、美容液成分が配合されている高保湿タイプのものや、油分が多いクリームクレンジング、水分が多いクレンジングジェルも洗い上がりの肌が乾きにくいためおすすめです。

保湿成分を含んでいるアイテムを選ぶ

保湿成分が入っているアイテムは、肌のしっとり感を得られやすいため、乾燥に悩んでいる方はセラミドやヒアルロン酸、グリセリンなどの保湿成分が含まれているクレンジングや洗顔を選ぶと安心です。

保湿成分について、詳しくはこちらの記事にまとめてありますのでチェックしてみてくださいね。

W洗顔が不要なアイテムを選ぶ

しっかりメイク、ナチュラルメイク関係なく、メイクアップした日は必ずクレンジングが必要です。
とはいえ、毎日W洗顔を繰り返していたら、洗い過ぎによって肌を傷つけている場合もあるため注意したいところ。
ダブル洗顔とは、クレンジング後に洗顔すること。肌のために行う洗顔ですが、メイクを落とすためのメイク落としと皮脂や汚れを落とすための洗顔を行うことで、肌に刺激を与えてしまっている場合もあります。
洗顔時に肌をこすることは肌への摩擦となるため、その回数を減らすことも大切です。
過剰に洗い過ぎることを防ぐためにもW洗顔不要のアイテムを選ぶこともおすすめです。

乾燥肌向けクレンジングのコツ

乾燥肌の方は、肌のバリア機能が低下しているためとても敏感な肌状態です。
そのため、クレンジングの使用方法や洗いすぎなどの間違った手入れの仕方によって乾燥がますます進んでしまうことも多くあります。

ここではそんな乾燥肌の方に向けて、化粧落としの際に気をつけたいポイントをご紹介します。

クレンジングの前に手を洗う

雑菌による肌トラブルを防ぐため、顔に触れる手は常に清潔な状態であることを心がけましょう。
雑菌は肌荒れの原因となり、肌の乾燥につながる恐れもあるため気をつけましょう。
きれいな手で肌のケアを行うためにも、クレンジングや洗顔の前に手を洗うことを習慣づけると良いでしょう。

クレンジングアイテムは適量で使う

クレンジングアイテムは使い方によって肌への刺激になる恐れがあるので、正しく使用することがとても大切です。
特に気をつけたいのが、適正な使用量を守ること。
いくら丁寧にクレンジングを行なっても、使用量が少ないと顔の皮膚が手のひらによってこすられることで摩擦が生じやすく、肌荒れの原因になってしまいます。
このように、クレンジング剤の使用量が少ないとクレンジングとメークのなじみが悪く乳化が進まないため、素肌に付着した化粧品を綺麗に落とすことができない場合もあります。
また、うまく落とせないからといって肌をゴシゴシこすってしまう、何回も洗顔を繰り返してしまうなど、顔を洗うことが肌への負担になってしまう恐れもあります。
クレンジングアイテムの説明書きにある使用量を守って、きちんと使いましょう。

肌に優しくクレンジングアイテムを馴染ませる

汚れを落とそうと思うとついゴシゴシとこすってしまいがちですが、手に力を入れて洗うと肌を傷つける恐れもあります。
クレンジングや洗顔を行う際は、優しく肌に触れるイメージで馴染ませると良いでしょう。
泡立つ洗顔料の場合は、弾力のある泡をたっぷりと作って顔を包み込むイメージで洗うこと。
泡立たないクレンジングを使用する際は、使用量をきちんと守り、肌への摩擦が起こらないように注意すると良いでしょう。
毛穴ケアが同時にできるスクラブ入りのアイテムを使用するときも同様です。肌への摩擦を起こさないよう、くるくると優しくマッサージを行うように気になる毛穴になじませてください。強くこするのはNGです。

ぬるま湯でクレンジングする

熱いお湯は、必要以上に皮脂を流す可能性があるため注意が必要です。クレンジングや洗顔で使用するお湯の温度は、体温より少し低めの35度以下を目安にすると良いでしょう。

クレンジングや洗顔後の保湿について詳しくまとめた記事はこちら。ぜひ目を通してみてくださいね。

乾燥肌 クレンジング

クレンジングでも乾燥予防

クレンジングはスキンケアの最初のワンステップ。そのため美しい肌作りには欠かせないステップですが、方法や使うアイテムを間違えると肌荒れの原因になってしまうこともあります。クレンジングを使用する際は必ず自分の肌タイプに合ったものを使用しましょう。
角栓、黒ずみなどの毛穴汚れや角質ケアも、気になるからといって過剰にやりすぎると乾燥を悪化させ、肌を傷つける原因になってしまいます。
肌に触れる時は、汚れを落とす時でも優しく滑らせるように触れることを意識しましょう。

お風呂あがりや洗顔後は、肌が一番無防備で敏感な状態です。
化粧水や乳液、美容液など自分の肌にあったスキンケアアイテムで、顔を洗い上がったあとすぐに乾燥予防を行うことを習慣にしましょう。

乾燥予防ケアでは、長時間うるおいを与え続けながら肌を乾かさず、ずっと乾燥を防ぐことができます。
乾燥がひどい方はローションタイプのものよりも、長時間うるおいを肌に届けてくれるゲルタイプのものを使うことがオススメです。水分量が多いゲルタイプのアイテムは、肌表面の潤いを長い間キープしてくれるため、乾燥予防に効果的です。乾燥は、肌荒れやニキビなどさまざまな肌トラブルの原因にもなります。
しっかりと乾燥予防を行い、潤いのあるすこやかなツヤ肌を目指しましょう。

【監修医師】衣原 公美子
医学博士 久保田 潤一郎 もっと詳しく

美容皮膚科レイクリニック院長

日本形成外科学会専門医・日本レーザー医学会永年レーザー専門医

琉球大学卒業。東京医科歯科大学附属病院入局を経て、東京女子医大青山女性医療クリニック助手として勤務。
主に非手術療法であるレーザー、高周波など機器を用いた治療、及びヒアルロン酸、ボトックスなど注入治療を主とした美容医療を学ぶ。
田端駅前クリニック兼務を経て、2007年レイクリニック 開院。

タイトルとURLをコピーしました