乾燥肌の種類とは?肌診断のチェックポイントとタイプ別のケア

「乾燥肌」は、肌表面がカサカサしている肌、うるおいが不足している肌を指すだけではありません。カサつきはなくても、テカリが気になる肌、赤みやかゆみなど肌悩みが尽きない肌も、もしかしたら乾燥肌の可能性が…!今回はそんな、さまざまな種類の乾燥肌について、お伝えします。

乾燥肌診断

あなたはどれ?乾燥肌のタイプ

ますは、自分の肌タイプについて知りましょう。「一般的な乾燥肌」「インナードライ」「乾燥性敏感肌」の3タイプの特徴をお伝えします。いまの肌状態と照らし合わせて、自分の肌質を探っていきましょう。

乾燥肌のタイプ

一般的な乾燥肌

保湿ケアの不足や加齢などにより、肌のうるおいが不足し、乾燥している状態の肌を指します。
洗顔後のつっぱり感が気になったり、小じわが気になる、日中もカサつきを感じるなど、「乾燥肌」と聞いて思い浮かべる症状が多いことが特徴です。
一般的な乾燥肌の方は、角層の水分量を保持する力がない状態です。肌の表面から水分を蒸発させないための皮脂量がもともと少ない場合もありますが、生活習慣の乱れやストレスや原因となり皮脂分泌のバランスが崩れているケースも珍しくありません。水分と油分のバランスが悪い乾燥肌は、肌のバリア機能が低下している状態。バリア機能が低下した肌は外部刺激に弱いため、肌荒れを引き起こす可能性も高くなってしまいます。

インナードライ

肌表面に皮脂が多く、一見脂性肌に見えるが、実は乾燥している状態の肌のことです。
隠れ乾燥肌と呼ばれることもあり、角質層のうるおいが不足することで肌の保護機能が働き、皮脂を過剰分泌させている可能性があります。
インナードライは、一見すると脂性肌と症状が似ています。そのため自分の肌を脂性肌と認識し、化粧水しか塗布しないなど適切なスキンケアが行えていない場合もあります。
また、インナードライは肌の水分と油分をバランス良く補給できていないときに生じやすいため、日ごろから自分で肌診断を行って状態を把握し、適切な乾燥予防を行う必要があります。

乾燥性敏感肌

乾燥肌が悪化し、肌が敏感になっている状態を、乾燥性敏感肌と呼びます。
一般的な乾燥肌やインナードライの方も、肌状態に合わないお手入れを続けたり、乾燥対策をしっかり行わずに肌のバリア機能がどんどん低下してしまうと、ニキビ、吹き出物、かゆみ、湿疹などの肌トラブルが起こりやすい状態である乾燥性敏感肌に傾く恐れがあります。
また、アトピー性皮膚炎の方も乾燥によって症状が悪化することが多く、敏感な状態の肌には同じく乾燥予防を心掛けることが重要です。

乾燥肌のタイプを診断するチェックポイント

乾燥肌の種類について、いかがでしたか?自分の肌状態と親しいものはあったでしょうか。
見た目や特徴だけではよく分からないという方のために、この章では乾燥肌のタイプを診断するためのチェックポイントをご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

一般的な乾燥肌

まず確認していただきたいのは、洗顔後につっぱり感があるかどうか。一般的な乾燥肌の方は肌のバリア機能が低下しており水分を肌に留めておく力が低いため、クレンジングや洗顔後の肌につっぱる感覚がある方が多いです。肌が粉吹き状態になりやすい、ファンデーションや目元のポイントメイクが浮きやすいなども乾燥が原因で起こる肌トラブルなので、これらの症状がある方も乾燥肌といえるでしょう。

インナードライ

肌表面にベタつきがありテカっている状態なのに、洗顔後につっぱり感があるという方はインナードライである可能性が高いです。手で顔を触ったとき、肌が硬めである、カサカサするというのも、肌の内側が乾燥している証拠。乾燥によって皮脂分泌のバランスが崩れ、肌表面に余分な皮脂が多く出ている状態のため、普通肌の方と比べて毛穴が大きいことも特徴です。
オイリー肌と勘違いをする方が多く、乾燥肌なのに使用感がさっぱりとしたテクスチャーのスキンケアアイテムを選んでしまい、肌状態が改善されない方もいます。インナードライは自分では気が付かないこともあるため、セルフチェックに自信のない方は皮膚科へ行き、皮膚科医に診断を仰ぐと安心です。

乾燥性敏感肌

カサつきのほかに肌がヒリヒリする、肌にぶつぶつができるなど、肌状態が安定しない方は、乾燥性敏感肌の可能性が高いです。肌のバリア機能が低下し、肌荒れしやすい状態のため、外部刺激にもとても敏感です。外部刺激とは、ホコリや黄砂のほか、紫外線も含まれます。乾燥予防をしっかり行うことはもちろん、紫外線対策もきちんと行いましょう
化粧水や乳液などのスキンケアアイテムを選ぶ際も、敏感肌用のマイルドな使いごこちのアイテムを選ぶ、お手入れ時に生じる摩擦から肌を守るために、ひと塗りで水分と油分をバランス良く肌に届けることができるオールインワンアイテムを使用するなど、注意が必要です。

【乾燥肌のタイプ別】乾燥を予防するスキンケア

乾燥肌は、表面がカサつくだけでなく、さまざまなタイプがあります。効果的なスキンケアの方法も、乾燥肌のタイプによって異なります。ここでは、タイプ別におすすめなお手入れ方法をお伝えします。

一般的な乾燥肌の方向け・乾燥予防

乾燥肌の方は、洗顔、保湿ケア、メイクの際は、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、プロテオグリカン といった保湿成分が配合されているアイテムを使うと良いでしょう。
洗顔は石鹸や洗顔料をよく泡立てて手早く済ませた後、ぬるま湯で洗い流すこと。洗顔後、すぐに保湿ケアをして肌にうるおいをプラスすることが大切です。
保湿方法は、化粧水や美容液で肌をほぐして保湿成分を与え、乳液やクリームでカバーするほか、オールインワンアイテムを使うと手軽に水分と油分を補給しやすいのでおすすめです。
メイクの際も、肌にやさしくうるおいをキープしやすいアイテムを使うことで、肌の乾燥を防ぐことができます。ファンデーションなどのベースアイテムを春夏用、秋冬用と季節に合わせて変えることも立派な乾燥予防になるので、取り入れてみてくださいね。

インナードライの方向け・乾燥予防

肌の表面にテカリがあり顔が全体的にオイリーに見えるため、ついつい脂性肌用の洗浄力の高いクレンジングや洗顔料を使ってしまいがち。すると余計に肌の内側の乾燥が進んでしまうため、インナードライの方はスキンケアアイテム選びに特に注意が必要です。
まずは乾燥を予防するため、洗浄力が高すぎないアイテムでクレンジングをすること、洗顔の際はきめ細かな泡で、やさしく洗うことを心がけましょう。Tゾーンなど角質が気になる箇所は、気になる部位ごとに丁寧に洗うと良いでしょう。
保湿ケアでは、化粧水でたっぷり水分を届けた後、乳液やクリームでうるおいにフタをしましょう。インナードライの方は油分を避けがちですが、乾燥予防には肌の水分量と油分量のバランスがとても大切です。自分の肌質を見極めながら、油分も少量塗布し、肌から水分が蒸発することを防ぎましょう。

乾燥性敏感肌の方向け・乾燥予防

乾燥肌のタイプの中でも、一番深刻な状態が乾燥性敏感肌。自分の髪の毛すら刺激になってかゆみを感じることもあるほど敏感な状態のため、スキンケアアイテムにも注意が必要です。肌のヒリつきが続いている場合は、スキンケアアイテムやメイクアイテムを見直す必要があります。
乾燥予防で効果的にうるおいを与えるためにも、まずは肌を清潔に保つことが重要です。朝晩の洗顔を丁寧に行った後、うるおい不足による乾燥肌と同様に、基礎化粧品で保湿ケアを行いましょう。すでにニキビなどの肌トラブルが発生している場合は敏感肌用の洗顔料、スキンケアアイテムの使用を検討してください。
メイクも、肌に合うアイテムを使うようにしましょう。日焼け止めや化粧下地、ファンデーションなどのベースアイテムは、十分保湿した肌に薄めに塗布することがおすすめです。

肌タイプに合わせた乾燥予防を

一般的な乾燥肌の知識はお持ちの方でも、インナードライや乾燥性敏感肌については知らなかったという方も多いかもしれません。今回、乾燥肌を大きく3つのタイプに分けて、それぞれを詳しく掘り下げたことで、ご自身のお肌について理解が深まったのではないでしょうか。乾燥肌と一口にいっても、症状は違うもの。それぞれに合った乾燥予防を行うことが、肌の状態の回復に繋がります
乾燥予防では“補う”ケアに目が向きがちですが、実はその前の“落とす”ケアもとても大切です。肌全体の汚れはもちろん、毛穴汚れなどの部分的な汚れにも気を配りましょう。汚れをしっかりと落とすことで、その後に使用する化粧水や乳液、オールインワンアイテムなどの保湿成分を肌に行き渡らせることができますよ。乾燥予防を徹底して行い、ツヤとハリのある美肌を目指しましょう。

【監修医師】久保田 潤一郎
医学博士 久保田 潤一郎 もっと詳しく
久保田潤一郎クリニック院長 元杏林大学医学部助教授(形成外科学)
日本形成外科学会専門医・日本レーザー医学会永年レーザー専門医

杏林大学医学部卒業。慶應義塾大学病院に勤務し、医学博士号取得。後に、杏林大学医学部助教授(准教授)として診療を行うかたわら、後輩の指導にも熱心にあたる。数々の臨床・研究を重ね、多くの形成外科・美容外科の治療のほか、レーザーや光線療法により様々な皮膚のトラブルに対処し、皮膚レーザー療法を確立。国内外の医学会だけに留まらず、各種講演会でも積極的に講演し、自らの治療・基礎研究を主とした様々な情報や最新情報を広く伝えている。

タイトルとURLをコピーしました