アトピーと乾燥肌の違いとは?バリア機能が低下した肌に必要なケア

一般的にアトピーといわれているのは、正確にはアトピー性皮膚炎のこと。
医学的には、遺伝的素因が濃厚とされる皮膚の過敏症のことです。それによって皮膚の乾燥や肌のバリア障害などが起きます。
生活環境や生活習慣、ストレスなどが悪化要因としてあげられます。皮膚炎だけでなく、アレルギーを起こしやすいとも考えられているため、食物アレルギーなどにも注意が必要です。
アトピー肌は強い乾燥状態にも見えるため、乾燥肌と勘違いされることもありますが、実は全くの別物。今回はアトピー性皮膚炎と乾燥肌の違いについて、詳しくお伝えします。

アトピー 乾燥肌

アトピーの特徴と乾燥肌との違い

まず最初に、アトピー性皮膚炎の症状について深く掘り下げていきましょう。どんな症状なのか、乾燥肌との違いはどんなところなのか、ぜひ参考にしてくださいね。

アトピーの症状と原因

アトピー性皮膚炎は発疹、強いかゆみが繰り返し生じるのが特徴です。乾燥してバリア機能が失われ、アレルゲンにさらされやすくなった肌に起こりやすいと考えられています。バリア機能とは、肌のもっとも外側にある角層に備わっているもの。うるおいで外的刺激から肌を守る機能で、肌に刺激物が侵入し、炎症が生じることを防いでくれます。
外的刺激はアレルゲンと呼ばれるもので、食べ物、ハウスダスト、ダニ、花粉、動物の毛など、反応するものは人によってさまざまです。アトピー性皮膚炎の原因についてはまだはっきりとしていないことも多くあり、このほかにも遺伝が原因であるという見方もあります。
アトピー性皮膚炎の症状はぶつぶつした湿疹、水分の多い湿疹、しこりのような湿疹などが見られるほか、皮膚が厚くなったり、かさぶたができたりすることもあります。
幼児期に起こりやすく、大人になると快方に向かうことが多いですが、中には大人になって発症する人もいます。

ドクターズポイント
アトピー性皮膚炎は表皮水分蒸散量の増加、角層内のセラミドや天然保湿成分の減少、角層内のフィラグリンの低下・消失などの皮膚バリア機能異常と肥満細胞やランゲルハンス細胞の増加、血清IgE値の増加など免疫・アレルギー異常の両方が複雑にからみあって発症すると考えられます。

アトピーと乾燥肌との違い

アトピー性皮膚炎は、皮膚トラブルを伴う病気の一種。一方の乾燥肌は、うるおいが不足した肌の総称です。アトピー性皮膚炎は体質により起こる可能性もありますが、乾燥肌はケアをして肌にうるおいを与えることで完全に導くことが可能になります。
アトピー性皮膚炎との共通点は、皮膚のバリア機能が低下気味である点です。バリア機能が低下している肌は、外部からの刺激を受けやすい状態にあります。患部がひりひりするくらい敏感な状態になると、ニキビや吹き出物などの別の肌トラブルにつながるおそれがあるので早めの処置が大切です。

ドクターズポイント
乾燥肌は老化などによる皮膚機能(発汗、皮脂分泌など)の低下や洗浄剤による物理的な皮脂や汗、垢などの除去によってもおこります。その結果、皮膚に亀裂が生じ、刺激物質や抗原物質が吸収しやすくなり、皮膚炎をおこしてしまうことも。これを皮脂欠乏性湿疹といい、別名老人性乾皮症とも言います。

健康な皮膚とアトピー性皮膚炎の皮膚

アトピー対策に適した、乾燥から肌を守る方法

続いては、アトピー肌に適したケア方法をお伝えします。アトピー性皮膚炎にとって、肌を乾燥から守ることはバリア機能が高まるためとても良いことなので、積極的に乾燥予防を取り入れましょう。

よく泡立てて体を洗う

ケアを効果的に行うためにはまず、肌を清潔に保つことが大切です。
洗い方にも注意が必要で、顔も体もゴシゴシ洗うのは避け、たっぷりの泡で包むように洗うと良いでしょう。
顔を洗う際は洗顔料を泡立てて指の腹でやさしく触れるように、体を洗う際はぬるま湯で体を軽く濡らした後、石けんやボディソープなどを泡立てて全身を洗うように心がけてください。固形石けんや液体石けんを直接肌に塗ると洗浄力や摩擦を強く感じる場合があるため、避けた方が良いでしょう。
顔も体も泡で洗うことで、肌への負担を抑えることができ、乾燥予防につながります。よく泡立てて洗っても突っ張り感や乾燥が気になるという方は、保湿成分が配合された、皮脂を取りすぎないアイテムの使用をおすすめします。
なお、顔や体だけでなく、頭を洗うときに使うシャンプーにも注意が必要です。乾燥肌の方は頭皮もカサカサになりやすい方が多くいるため、シャンプーの成分にも注意しましょう。

十分に保湿し、うるおいを逃がさない

肌を清潔にした後は、基礎化粧品や、ボディジェル・クリームなどでしっかりと肌を保湿しましょう。乾燥肌の方は肌が敏感になっている場合もあるため、肌への刺激が少なく、十分にうるおいを届けられる保湿力の高いアイテムを選ぶと良いでしょう。
保湿は肌の水分量と油分量を整えることが大切なので、顔のスキンケアであれば化粧水で水分を与えたあと油分の多い乳液やオイル、クリームでフタをすることが大切です。化粧水だけでケアを終わらせてしまうと肌に与えたはずの水分が蒸発してしまい、乾燥を加速させる可能性もあるため注意しましょう
スキンケアアイテムを複数使うことが面倒という方は、ひと塗りで化粧水から乳液、クリーム、美容液の働きを期待できるオールインワンアイテムの使用がおすすめです。顔だけでなく全身に使えるオールインワンアイテムもあるので、ボディケアに取り入れることも効果的です。そのほか、うるおい成分が配合された入浴剤を使用することも、入浴後の乾燥を抑えてくれるのでおすすめです。
乾燥やかゆみだけでなく重度の湿疹が発生している場合は、皮膚科を受診して適切な治療を行ってください。市販薬を使ったケアも良いですが、皮膚科で処方された塗り薬などの治療薬を使ってケアを行うと、症状が治まりやすくなりますよ。

アトピー、乾燥肌の人が日常生活で気をつけたい注意点

ここでは、アトピー肌の方が気をつけたほうが良いことをお伝えします。乾燥予防を頑張っていても、これらのことを気をつけていないとケアの効果が半減することもあります。どれも簡単なことなので、ぜひ真似してみてくださいね。

かゆくてもかかない

かゆみを感じるとつい引っ掻いてしまいますが、かゆい場所をかくことで、アトピー性皮膚炎の症状が悪化してしまう恐れがあるためかかない努力をすることが大切です。
保湿剤を使ってあらかじめ十分に保湿をすることで、かゆみを予防するよう心がけると良いでしょう。患部にスキンケアアイテムを塗り重ねるのが面倒というかたは、ひと塗りで肌に必要なうるおいを届けることができるオールインワンアイテムを使用すると便利ですよ。
どうしてもかゆみを抑えられないときは、患部に清潔なガーゼを巻いておくことで肌への負担を軽減できる可能性があります。ほかにも、冷たいシャワーを浴びると冷たさが刺激となりかゆみを感じる神経の高ぶりを抑えられる場合もあるので、お風呂上がりなどに試してみると良いでしょう。

服の刺激に注意する

衣類に含まれる化学物質や、縫い目が肌への刺激になる場合があります。
アトピー性皮膚炎の自覚がある方、診断を受けた方はなるべく肌にやさしい綿100%のアイテムや、ネームタグや縫い目が肌を刺激しないアイテムを選んで購入すると安心です。
服が刺激となってかゆみを感じたり、チクチクするのをがまんするのは、それ自体がストレスとなりかゆみの症状を悪化させる恐れがあります。
お店で販売されている洋服を買うときは試着をした後に購入する、通信販売で買うときは返品可能なものを選ぶなどして、毎日を快適に過ごしましょう。

汗をかいた後は肌を清潔にする

アトピー性皮膚炎の方は、自分のかいた汗にも注意が必要です。
体に残った汗が刺激になり、かゆみが生じる場合があるため、運動後はなるべく汗を洗い流すか、ウェットティッシュなどで拭き取る、外出時はハンドタオルなどで汗を拭うなど、こまめにケアを行いましょう。
体を拭くときも洗顔や体を洗うとき同様、こすらず、タオルやウェットティッシュなどを顔や体に当て、包むように水分を取ることを心がけてくださいね。

アトピーにも乾燥予防

アトピー性皮膚炎と乾燥肌に違いについて、いかがでしたか。両方とも肌が乾燥状態にあり、肌のバリア機能が低下していることがトラブルの原因となりかゆみや湿疹を引き起こしています。
特にアトピー肌の場合は自分の汗や髪の毛ですら刺激になる場合があるため、患部を清潔に保ち、肌のバリア機能を高めるための保湿ケアを行うことが大切です。化粧水やローション、乳液、オールインワンアイテム、ボディクリームなど、自分の肌に合うものを選んで継続してケアを行い、乾燥予防を行いましょう。
また、乾燥肌と違いアトピー性皮膚炎は肌が炎症を起こしている皮膚炎です。症状がひどい場合は市販の外用薬を試したり、それでも症状が安定しない場合は早めに皮膚科へ行き、医師の判断を仰ぎましょう。
ステロイドを使った治療を提案される場合もありますが、ステロイドは副作用や長所短所を理解したうえで使用し、適切に適量を使用することが大切です。ステロイドのほかにも、ステロイドホルモンを使用していないタクロリムス軟膏などの治療薬もあるので、医師と相談して使用しましょう。

ドクターズポイント
免疫調整外用剤や外用ヤヌスキナーゼ阻害剤もあります。また重症のアトピー性皮膚炎には免疫抑制剤や分子標的治療薬が開発されていますが、これらの薬剤の使用にあたっては専門知識を有する医師にご相談ください。

毎日の乾燥予防ケアといっしょにプロの力も借りながら、かゆみのない健やかな肌を目指しましょう。

【監修医師】久保田 潤一郎
医学博士 久保田 潤一郎 もっと詳しく
久保田潤一郎クリニック院長 元杏林大学医学部助教授(形成外科学)
日本形成外科学会専門医・日本レーザー医学会永年レーザー専門医

杏林大学医学部卒業。慶應義塾大学病院に勤務し、医学博士号取得。後に、杏林大学医学部助教授(准教授)として診療を行うかたわら、後輩の指導にも熱心にあたる。数々の臨床・研究を重ね、多くの形成外科・美容外科の治療のほか、レーザーや光線療法により様々な皮膚のトラブルに対処し、皮膚レーザー療法を確立。国内外の医学会だけに留まらず、各種講演会でも積極的に講演し、自らの治療・基礎研究を主とした様々な情報や最新情報を広く伝えている。

タイトルとURLをコピーしました