日焼け後のケアはしたほうが良いの?冷やし方とスキンケアの注意点

夏本番の今、基本的な「真夏の日焼け対策」を準備しておきたいですよね。
肌が焼けるのを防ぐために、日傘や帽子などのグッズを購入したり、日焼け止めや美白などのスキンケア用品といったケアアイテムの選び方に悩んでいる方も多いかもしれません。

もちろん、焼けないための事前の日焼け対策は大事ですが、実はその後のアフターケアも同じくらい大切だということを知っていますか
紫外線はシミやそばかす、くすみやたるみ、シワ、ニキビなどの原因にもなるので、日焼け後の肌をお手入れせずにうっかり放置してしまうことで、肌に悪影響を及ぼしてしまう可能性があるのです。

そんなリスクを少しでも回避し、日焼けした肌の症状を悪化させないようにするために、今回の記事では日焼け後のスキンケアについてご紹介します。
ケアの際の注意点についても詳しく紹介していくので、是非チェックして、今年の日焼け対策の参考にしてみてください。

日焼け ケア

日焼けにはアフターケアが必要?

まず、日焼けした時のアフターケアはなぜ必要なのか。その理由とケアのポイントを紹介します。

アフターケアが必要な理由

アフターケアがなぜ重要かというと、紫外線ダメージを減らし、冒頭に挙げたような肌トラブルなどを引き起こすリスクを少しでも防ぐ必要があるからです。
そのリスクを理解するためにも、紫外線と日焼けの種類、そして皮膚が日焼けする仕組みについて解説します。

まず、紫外線には、「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3種類があります。これらの紫外線の内、地上に到達するのは、「UV-A」と「UV-B」の2つです。
また、日焼けにはサンバーンとサンタンという2種類のタイプがあります。前者は、皮膚に赤みを帯びさせて炎症を起こす日焼けで、後者は皮膚を黒く変化させる日焼けのことです。
サンバーンの主な原因となるのがUV-Bで、皮膚の奥までは届かないものの、肌表面の細胞を傷つけたりします
一方、サンタンの原因となるのがUV-Aで、皮膚の奥にある真皮にまで届き、シミやシワなどの原因になります。肌が焼けると肌色が黒くなるというイメージがありますが、これは、サンタンの症状が強く現れた結果です。

具体的に、肌が黒くなる仕組みを説明すると、肌には、メラニンを形成するメラノサイトという細胞があるため、肌は紫外線を浴びると、髪や瞳などの色を形成するメラニン色素を分泌します。日差しが強ければ強いほどメラニンの分泌量は増えるので、そのために肌色が黒くなり、日焼けするのです。
強い日差しを浴び続けて、メラニンが増え続けて排出されなくなってしまうと、メラニンが肌に定着してシミなどの原因になってしまいます。メラニンの定着を防ぐためにも、日焼け後は素早くアフターケアをするのが良いのです。

紫外線の種類

アフターケアの3つのポイント

では、アフターケアとしてはどんなことをしたらよいのでしょうか。それを詳しく見ていく前に、ここではケアのポイントとしておさえておきたいことを紹介します。

焼けた部分を冷やす

まずは、肌を冷やすことです。日焼けした肌は、いってみれば軽いやけどをした状態です。
やけどした時のように、流水をしばらく当てて、皮膚をクールダウンさせると皮膚で起きている炎症を和らげることができます。保冷剤を包んだタオルをあてるのも、ほてりを鎮静させて炎症をおさえるのに役立ちます。
また、同じく炎症を抑えるものとして注目されているのが、アロエです。アロエ成分が配合されたジェルなどもあるので、試してみるのもいいでしょう。
ただし、植物のアロエを使って冷やすと、かぶれ(接触性皮膚炎)を起こすことが多いので注意が必要です。

保湿をする

日焼けはシミやしわの発生にもつながります。肌を乾かさないよう、乾燥予防を行いましょう。
特に日焼け後は、肌が乾燥して脱水状態になっているため、しっかりうるおして乾かさないようにお手入れをすることが大切です。長時間肌に水分を与え続けてくれるような、乾燥予防処方のアイテムであれば効果的に肌の乾燥を防ぐことができます。
角層に水分をたっぷりと満たすことで肌のバリア機能の低下を防ぐことができるため、肌がちょっとした刺激に反応し、ニキビなどの肌トラブルが起きやすくなるデリケートな肌状態を改善します。

いざ保湿をする際に重視したいことの一つは、使用するアイテム選び。保湿を重視するなら、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が配合されたアイテムを使うのがおすすめです。
アイテムは、配合成分やテクスチャー、香りなどもそれぞれに異なっています。たとえば、敏感肌であれば敏感肌用のものを使用するなど、自分の肌質や肌悩み、使用感、使い心地、コスパなどに合わせて、適したものを購入すると良いでしょう。
また、普段あまりケアの時間がないという人は、化粧水や美容液、乳液、クリームなどの機能一式をあわせ持つオールインワンジェルなどもおすすめです。効率よく基本のケアができるアイテムとして人気があります。

インナーケアをする

日焼けは肌表面だけではなく、身体の内部にも影響を与えます。そのため、ケアについては内側からの適切なアプローチも大切です。
特に、日焼け後は体内の水分が失われ、ミネラルが不足している状態。ミネラルは、肌の正常な新陳代謝(ターンオーバー)を促す栄養素です。
不足した際は、水分補給をしたり、ビタミン類を摂取し、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促すと良いでしょう。
また、肌のハリや弾力をサポートする働きのあるビタミンCをはじめ、酸化防止作用のあるビタミンE、皮膚や粘膜の健康維持に役立つビタミンAといった美肌への効果が期待できる栄養素を摂取するのもおすすめです。
普段の食事から摂取するのは、なかなか難しいかもしれません。その場合には、不足しがちな栄養素のサプリメントを利用するのもよいでしょう。

【部位別】日焼けした後のケア内容

では、実際に日焼けした直後のスキンケアとしては、どのようなことをすればよいのでしょうか。
パーツ別のケア方法の詳細を見ていきましょう。

顔は紫外線ダメージを受けやすい部位のため、しっかりとフェイスケアをするようにしましょう。
日焼けすると皮膚が赤みを帯びたり、ほてりを感じるようになりますが、この赤みやほてりが落ち着いたら、化粧水で水分を補給するようにしましょう
肌に水分を浸透させるためにも、たっぷりと化粧水をつけると良いですが、日焼け後の肌は焼けて敏感になっている状態です。あまり刺激を与えないように、強くパッティングするようなやり方はしないようにしましょう。やり方としては、シートマスクやコットンパックを使って、手で直接化粧水をつけずになじませる方法というのもあります。コットンパックは、化粧水を浸み込ませたコットンで顔を覆い、5分程度パックするという方法です。

また、日焼けで気になるのは、美白。美白有効成分が配合された美白化粧水や美白美容液といった、美白化粧品もいろいろあるので、使う化粧水などもそういった美白効果が期待できるアイテムを使って、フェイスケアを行うのも良いかもしれません。

顔ではないですが、顔に近い場所にあるデコルテも、露出することの多いパーツ。日焼けもうっかりしてしまいがちなパーツなので、事前の日焼けケアだけでなく、アフターケアもしっかり行うように気をつけましょう。

身体

身体については、焼けた部分が広範囲にわたることが多いため、冷却するためにも冷たいシャワーを浴びると良いでしょう。
そして、シャワーを浴びた後は、水分の蒸発を防ぐために、ボディローションやボディクリームでしっかり保湿を行いましょう
手や足は、シャワーをあてにくい部位ですが、洗面器などの容器に入れた冷水に日焼けした箇所を浸けたり、冷えた濡れタオルを日に焼けた部位に当てるというやり方もあります。

髪や頭皮

紫外線をもっとも浴びやすい位置にある、髪や頭皮。髪や頭皮も肌と同じように、紫外線を浴びるとダメージを受けて乾燥しやすくなってしまうので、紫外線対策が必須のパーツです。
たとえば、髪は紫外線によって髪にパサつきやごわつきが出てきたり、頭皮にいたっては、地肌が露出している部分に痛みを感じたり、乾燥による痒みやフケなどが生じてしまうことがあります。

もしも頭皮が日焼けをしてしまったら、肌表面はちょっとした摩擦も負担になるような、デリケートな状態になっているので、洗髪する時は低刺激のシャンプーを使い、頭皮をマッサージするように優しく洗うようにしましょう。また、ヘアトリートメントなどのヘアケア商品で髪に栄養を与えることも忘れないようにしましょう。

日焼けケアの注意点

いろいろな日焼けケアがありますが、どんなケアをするにせよ、留意しておきたいケアをする上での注意点についてもお伝えしておきます。

皮を無理にはがさない

日焼けをすると、皮膚の皮がむけるなど気になる症状が出ますが、皮を無理にはがすとかゆみや肌荒れにつながるのでやめるようにしましょう
また、肌荒れだけではなく、むけた肌、むけていない肌といったように、色むらができる恐れもあるので、保湿ケアをしながら自然にはがれるのを待つと良いでしょう。

72時間以内にケアをする

日焼けをした72時間後に、シミやそばかすの原因となるメラニンが生成されると言われています。
できるだけ早くしっかり保湿ケアを行うなど、素早い対応をとるように心掛けましょう。
保湿ケアのほか、メラニンの生成を抑えるビタミンCなどの栄養を積極的に取り入れて、内側と外側からのケアをしっかり行うようにすると効果的です。ビタミンC誘導体を含む化粧水やローションを使うのもおすすめです。

日焼け ケア

事前事後の日焼けケアで、素肌を守っていきましょう

日焼けの後のスキンケアの大切さややり方についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。
日焼け後のケアもそうですが、やはり事前の日焼け対策をしっかりと行うことで、日焼けした時の程度も違ってくるのではないでしょうか。
SPFやPA++++などの数値をチェックした上で日焼け止めを選んだり、リップクリームや化粧下地、ファンデーションなどのコスメアイテムもUVカットのタイプを使うなど、普段から紫外線対策を意識しておくことも大切でしょう。
これから、レジャーへ行くなどの外出の機会も増えてくる季節、事前のケアで紫外線から肌を保護し、アフターケアでは、乾燥して脱水状態になっている肌の負担を減らすために、乾燥予防をしっかりと行うようにしましょう。
事前のケアも事後のケアの相乗効果で、キレイな素肌を守っていきましょう。

【監修医師】久保田 潤一郎
医学博士 久保田 潤一郎 もっと詳しく
久保田潤一郎クリニック院長 元杏林大学医学部助教授(形成外科学)
日本形成外科学会専門医・日本レーザー医学会永年レーザー専門医

杏林大学医学部卒業。慶應義塾大学病院に勤務し、医学博士号取得。後に、杏林大学医学部助教授(准教授)として診療を行うかたわら、後輩の指導にも熱心にあたる。数々の臨床・研究を重ね、多くの形成外科・美容外科の治療のほか、レーザーや光線療法により様々な皮膚のトラブルに対処し、皮膚レーザー療法を確立。国内外の医学会だけに留まらず、各種講演会でも積極的に講演し、自らの治療・基礎研究を主とした様々な情報や最新情報を広く伝えている。

タイトルとURLをコピーしました