ハンデがあっても、失敗、後悔しても生活に変化をくれた…「肌のことを忘れられる」という小さな喜びの先に待っていた大きな幸せ

乾燥予防という新しいスキンケアで、
さまざまな変化を体感した方からの声です。

「肌トラブルがない日がなかった私…」
「乾燥した後に慌ててスキンケアをしていた」
「今は1日中肌のことを忘れてしまえるほど気にならない!」

日本人女性の約9割の肌は、予防できずに乾き続けています

乾燥対策についてアンケート調査(自社調べ)をおこなったところ、なんと女性の約9割は乾燥肌を自覚していることが明らかに。

Question 01

肌の乾燥を感じる頻度について
あてはまるものをお選びください

n=100 自社調べ

それにもかかわらず、多くの人は肌が乾いてからの保湿しかしておらず、”乾ききる前のスキンケア”をする習慣がありませんでした。

Question 02

スキンケアをする直前の肌に
乾燥を感じたことがありますか?

n=100 自社調べ

紫外線や風邪はあらかじめ予防しているのに、
今まで、肌の「乾燥を予防する」という考えはありませんでした。

帰宅後の肌、すでに乾いていませんか?
寝起きの肌、カサついていませんか?

「乾燥してから保湿」では手遅れ。
その古いスキンケア常識が招くもの…
それが「老化」です。

肌で起きていること…それは自然老化、光老化、そして乾燥老化

無料配布中!表紙をクリック(タップ)していただくとご覧いただけます!

肌の老化は年齢による”自然老化”だけではありません。加齢以外にも、肌では紫外線ダメージによる光老化、そして乾燥ダメージによる乾燥老化が起きている可能性があることが分かったのです。

乾燥によって活性酸素が発生する事実

世界初

乾燥した人工皮膚で活性酸素が増える事実を発見!

- 低湿度環境曝露によるROS 生成 -

出典:FRAGRANCE JOURNAL
49(12): 10-15 2021

活性酸素が細胞を老化させるメカニズム

乾燥を予防せず、
乾燥老化が進んでしまった肌は…

乾燥予防している肌

乾燥老化の起きた肌

乾くスキを与えない!
      Stop 乾燥老化

最新の乾燥研究によって分かったことは、乾燥している時間=老化が進行している時間ということ。
だから、乾燥を感じるスキを作らないことが大切なのです。乾燥状態を起こさせないためには「乾燥予防」が必要です。

乾燥老化しないための乾燥予防習慣 9ヶ条

  1. 紫外線を避ける
  2. 栄養バランスの取れた食事を摂る
  3. 適度な運動をする
  4. 質の良い睡眠をとる
  5. マスクや洗顔による肌摩擦を減らす
  6. 入浴時は40°C前後の湯船に浸かる
  7. 入浴後10分以内にスキンケアをする
  8. 部屋の湿度は60〜65%分以内に保つ
  9. ストレスを溜めない

しかし、代謝の低下や生活習慣の乱れ、避けられない刺激などによって、健やかな肌状態を保つことには限界があります。そのために、スキンケアによって肌のうるおいやバリア機能をサポートする必要があるのです。

新発想・乾く前から予防するスキンケア

乾かさないことを追求し、たどり着いたのは乾燥予防に特化した美容理論。肌の水分を24時間、365日保ち続けることで乾燥する時間を無くす、新たな発想のスキンケアです。

24時間、時間差で
      うるおいをしっかりと与え続ける
    「乾燥予防」ケア

常に水分を与え続ける時間差浸透

水分を一時的に与えても、蒸発や代謝によって肌の水分は失われていきます。乾かさないためには何度も水分を与える必要があるため、次の2つがポイントとなります。

時間差による持続的な浸透
浸透する間のうるおい維持

時間差で浸透する間、ずっとうるおい続ける

専門家の声

新常識・乾燥老化のメカニズム解明と乾燥予防に対し、高い評価と期待の声が寄せられています。

白野 実

株式会社ブランノワール代表取締役
日本化粧品検定協会顧問
山野美容短期大学非常勤講師
東京医薬専門学校非常勤講師

乾燥予防で老化も防ぐ、
新しいスキンケアの可能性

乾燥が直接的に老化の要因となり得る、そして乾燥を予防するという独自の美容理論について、スキンケアの新たな可能性を感じています。

はじめて「乾燥老化」という表現を耳にした時は驚き半分、疑い半分の気持ちでした。
乾燥によって肌のバリア機能が低下し、結果として老化の要因になるとはいえ、直接的な老化の原因として「乾燥老化」という表現は言い過ぎだろう...そう思っていたのです。

乾燥や美容に関する医師監修サイト

メディプラス乾燥予防研究所

美容皮膚医療の最前線に立つ医師が、すべて監修を行っている情報サイト。監修医師の知見やエビデンスに基づいた、確かな情報をWEB発信中!

乾皮症や皮脂欠乏症など
乾燥性皮膚炎について解説!

詳しく見る

アトピー性皮膚炎と乾燥肌の
違いについて解説!

詳しく見る

ニキビケアの
ポイントについて解説!

詳しく見る

他にも、乾燥による肌悩みやあるある情報を
深く、わかりやすく解説しています!

メディプラス乾燥予防研究所 公式Instagram

乾燥予防研究所のInstagramでは
乾燥予防や美容に関する情報を365日アップデート!

乾燥予防研究の最先端を走る
      メディプラスについて

肌はボロボロ、自信を全く持てない…そんなたった一人の女性が、肌へのコンプレックスの中でもがきながらも身体を張って得た答え。それは発想の転換から生まれたいたってシンプルなものでした。
メディプラスの乾燥予防研究は、世界中の逆境を生きる女性と、全てのお客様のために今日も日夜続けられています。

USER’S VOICE

メディプラスに対する応援の声が
たくさん寄せられています!

Voice 01

コンプレックスこそ原動力!この言葉に励まされました!ご自身の体を張ってたどりついた美容理論、思いが詰まってるからこそ、信じられるんだなって実感しました!

ツム様(40代)

Voice 02

自分の肌が弱い事って何事にも諦めがちになっちゃうと思うんですけど、諦めずに新しい事に挑戦して結果今までにない発想にたどり着き、それに助けられてる人たちが沢山います。自分の子供も同じ運命で‥ってなった時も前に進み更にパワーアップし、ピンチをチャンスに変えてしまうポジティブなとこ見習わないとって思いました。

ハル様(30代)

Voice 03

ないなら自分が!という発想に共感しました。皮膚科に勤務して勉強するまでは、やろうと思えば誰でもできますが、そこから今までにない発想にたどり着くパワーは、誰にでも出来ることではなく、素晴らしい事だと思います。
ご高齢出産の慶びも束の間、アトピーでご苦労されたんですね。私も、子供のアレルギーでは苦労しましたが、自分の事より辛いですよね。

K.T様(50代)

Mediplus Official Instagram